豊中市

現地調査|店舗デザイン・設計・内装工事|カイロ|緑地公園・豊中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
豊中市のカイロプラクティック院の店舗デザイン

大阪府豊中市で、カイロプラクティック院の店舗デザイン・店舗設計・内装工事のご相談があり、現地調査に行ってまいりました。

カイロプラクティック院の場所は、北大阪急行電鉄南北線(大阪市営地下鉄御堂筋線)の緑地公園駅から、徒歩5分の場所にあります。緑地公園駅には、近くに服部緑地公園があり、周りにはファミリー向けのマンションや戸建てが多く建ち並ぶ、住宅街になります。非常に人気のエリアで、住みたい街ランキングでも上位にランクインされております。

カイロプラクティック院が開業されるビルは、以前はマンションとして利用されてたようで、今は改装され、美容室やリラクゼーションサロンや物販が入っております。広さは40㎡(12坪)程で、現在は前の店舗の内装がそのまま残されております。

今回店舗デザイン・店舗設計・内装工事でご相談いただいた内容は、既存のユニットバスを解体し、その場所にトイレ+手洗い+更衣室を新設するという内容です。既存で再利用できる部分は可能な限り残し、できるだけ工事費用を抑えたいというご相談です。現在の内装の状況を細かく調査し、お施主様のご希望に合ったご提案をしたいと思っております。

天井・壁面・床の状態

豊中市のカイロプラクティック院の店舗設計

こちらが現在の内装の状況になります。天井は、前の入居者が化粧パネルの上から塗装をしているようです。以前付いてた照明や感知器のビス穴もそのままの状態なので、天井のパネルを張替えたのは随分前のようです。

次は壁面ですが、壁面も天井同様、石膏ボードの上から塗装されております。現地調査に伺った時は、お施主様がDIYで再塗装された後でした。そのため、以前の状態は確認できませんでしたが、それ程悪い状態のようには見受けられませんでした。

床は、市松模様のフローリングが既存で張られております。これも以前の入居者が出られたままの状態になります。フローリング自体に汚れや傷が入っておりますが、まだまだ使用できそうな状態です。

今回は水廻り部分の改装になるので、先程説明した天井・壁面・床の工事は、弊社では行いません。床は現状そのままで使用し、天井と壁面はお施主様自身でDIYで塗替え作業を行っていただきます。

キッチン・ユニットバスの状態

豊中市のカイロプラクティック院の内装工事

こちらが、キッチンとユニットバスの状態です。キッチンは、120㎝のワンルームでよく設置されてるミニキッチンになります。このミニキッチンも、今回の内装工事で取替になります。工事費用を安く抑えるために、キッチンの本体自体はお施主様の納品で、取付けのみこちらになります。

豊中市のカイロプラクティック院の改装工事

こちらがユニットバスの状態になります。トイレとお風呂と洗面が一緒になっている、3点ユニットバスといわれる物が設置されております。最近では減りましたが、一昔前のワンルームでは、この形状のユニットバスが主流でした。今回はこのユニットバスを解体し、そこに新たに個室トイレと手洗いと更衣室を新設します。既存で設置されているトイレは、非常に新しく綺麗な状態だったので再利用することにしました。それ以外で再利用できる物はありませんでした。

まとめ

以上が豊中市でカイロプラクティック院の店舗デザイン・店舗設計・内装工事の現地調査のご報告になります。

工事の内容としては、ユニットバスの解体工事、給排水の設備の引き込み(移設)工事、照明・コンセントの電気設備工事、床と壁面の新設工事、仕上工事、設備機器の取付工事となります。

おそらく、工期は5日から長くても1週間程度になりそうです。まずは、ご希望に合う見積り金額を提示し、その後工事のスケージュールや内装工事の詳細を決めていきたいと思っております。また、こちらで進捗状況をご報告いたします。

trico