神戸市

フィットネススタジオ | 三ノ宮・神戸 | 店舗デザイン・内装工事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
神戸市中央区三ノ宮でフィットネススタジオの店舗設計・店舗デザイン・内装工事

物件のスペック(立地・広さ・形状等)

神戸市中央区の三ノ宮で、フィットネススタジオ・スポーツジムの店舗デザイン・内装工事のご依頼があり、現地を調査にいってきました。

場所は、JR三ノ宮駅から徒歩10分程にある、比較的静かなオフィス街にある商業ビルになります。オフィスビル以外にも、カフェやレストランが数店あり、人通りも少なくありません。
今回出店予定のビルは、築年数は古いものの、定期的に内外装を改修しており、非常に綺麗状態の商業ビルになります。低層エリアは飲食やクリニック系、中層、高層エリアはオフィスとなっております。今回は、このビルの地下1階に、フィットネススタジオ・スポーツジムを出店したいとご相談いただきました。

地下エリアは一層のみで、半分はビルの機械室になっています。テナントの広さは30坪弱で、以前は音楽スタジオとして利用されていたようです。そのため、非常に厳重に防音設備が施されており、フィットネススタジオ・スポーツジムを出店する上では、非常にメリットがある仕様になっております。また、内装が非常に綺麗な状態で残されており、再利用できる部分が多いのもメリットになります。

内装工事のポイント

神戸市中央区三ノ宮でスポーツジムの店舗設計・店舗デザイン・内装工事

現状のスタジオエリアの仕様は、天井と壁はクロス貼り、床はタイルカーペットになっています。天井の照明は、配線ダクトが設置されており、スポットライトが数台取り付けられています。スタジオエリアの横には、通路を挟んでトイレが2室があります。

今回の内装工事ののポイントは、2つあります。
まず1つめのポイントは、スタジオエリアをジムエリアへと改装することです。改装といっても、壁や床は既存をそのまま再利用し、天井を解体後、表し天井へと変更します。既存の天井では、ジムとして利用するには低く、表しにすることで、天井の高さを確保することにしました。それに伴い、既存で設置されている配線ダクトを移設する必要があります。天井に設置されている空調や換気はそのまま利用する予定です。

次の2つめのポイントは、シャワーユニットを2台設置することです。シャワーユニットは、既存のトイレの位置に2台設置し、トイレは共用のトイレを利用することにします。既存のトイレを解体し、シャワーユニットにすることで、給水と排水は確保できます。ただ、給湯を確保するためには、電気温水器の設置が必須となります。シャワーユニット2台分を、賄えるだけの電気温水器となると、決して小さくはなく、スペース的に余裕はありません。ガス給湯器という選択肢もありましたが、設置場所からの経路が長く、現実的ではありませんでした。

まとめ

神戸市中央区三ノ宮でヨヨガスタジオ・ピラティススタジオの店舗設計・店舗デザイン・内装工事

以上の2点が、今回の内装工事のポイントとなります。天井の表し工事は、難しい工事ではありませんが、シャワーユニットの設置工事は、難易度の高い工事となりそうです。あとは、どれだけ予算を抑えた内装工事にできるかが、焦点となりそうです。

今回は、物件の契約前の計画段階での、ご相談となりました。弊社では、物件の契約後のご相談よりも、契約前のご相談を推奨しております。内装工事に精通した、専門業者の調査無しで物件契約をするのは、あまりにもリスクが高く、最悪の場合、設備的な理由で出店できないことも有りえます。そうならないためにも、契約前に専門業者に現地調査を行ってもらい、設備的な条件や、費用的な条件をクリアし、その後物件を契約するよう心が得て下さい。

trico