内装工事

格安オフィス物件を美容室やエステに内装工事する裏技教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
格安オフィス物件を美容室やエステに内装工事する裏技教えます!

美容室やエステサロンの物件を探す際、大半の方は設備の整った、お店向けのテナントを、まずは検討されると思います。サービス業向けに建てられたテナントは、設備が整っており、ある程度好きにレイアウトすることが可能ですが、その分、賃料が高くなります。

一方、オフィス向けの物件は、水回りやガスや電気などの設備が整っていない場合が多い分、価格が安く設定されています。そして、サービス業向けの物件に比べ、流通数が多く、比較的街なかにある場合が多いです。また、物件を借りる時点で、壁、床、天井が工事された状態(原状回復がされている)の物件が多く、スケルトン状態でない分、内装工事も安く抑えられます。

今回は、オフィス物件を美容室やエステサロンにする場合に、注意する点や、気を付けるべきポイントや裏ワザを詳しくご紹介いたします。

目 次
  1. 設備編
  2. ・テナント内にガスが引き込まれていない場合
    ・給排水設備がない場合
    ・電気の容量が足らない場合

  3. その他編
  4. ・テナントの場所がわかりにくい場合
    ・テナントが広すぎる場合

  5. まとめ

1.設備編

オフィス物件によっては、給排水や、電気などの設備が整っていない場合があります。せっかく気に入った物件でも、設備が整っていないので、諦めているのであれば、格安の良物件に出会うことは一生できません。ここでは、設備が整っていなくても、回避できる一部の裏ワザをお教えいたします。

テナント内にガスが引き込まれていない場合

ビル自体にガス管が引き込まれていない場合、まずは、ビルにガスを引き込む事が可能かどうか、確認しましょう。そして可能であれば、その金額を確認し、物件を長い目で見た場合に、お得かどうか判断しましょう。物件自体が格安なので、長い目でみれば、お得になる場合が多いです。

他の方法としては、ガス給湯器ではなく、電気温水器を使う方法です。この場合は、電気容量に余裕がないと設置できません。お客様自身で判断するのではなく、一度工事業者に確認してもらいましょう。

給排水設備がない場合

借りるテナント内(リースライン内)に、排水が無い場合は、それだけでその物件を諦めてしまう方も多いと思います。ただ、オフィス物件には、共用部にトイレや、給湯室がある場合が多く、そこから排水管をテナント内に引き込む方法もあります。その他にも、ビル自体に排水管があれば、そこから引き込むことが可能な場合があります。これもお客様自身で判断するのではなく、一度工事業者に確認してもらいましょう。また、共用部を工事する場合は必ず、ビルのオーナー様のの許可が必要です。

電気の容量が足らない場合

電気には、電灯と動力という、2種類があり、多くの美容室やエステサロンは、この2種類を使用しています。しかし、ビルによっては、動力の引き込みがされていない場合も多々あります。その場合は、動力の引き込みが可能か確認してもらいましょう。また、両方引き込みされていても、電気容量が足らない場合があります。その場合は、ビルの管理会社に幹線の引き換えが可能か確認しましょう。特に、電気温水器を設置する場合は、大きな電気容量が必要です。

2.その他編

オフィス物件は、設備面以外にも美容室やエステサロンに適していない条件があります。その一部をご紹介いたします。

テナントの場所がわかりにくい場合

オフィス物件は、サービス業向けの物件に比べ、外部看板も小さく、街を行き交う人々の目に止まらない場合が多いです。その場合の対処方法として、ビルの外壁に、新たに看板を設置していいのか確認しましょう。その他に、1階のビルの共用の出入り口に、置き看板を設置してもいいのか確認しましょう。また、テナントのガラス面にシートを貼って、アピールする方法もあります。看板は集客に大きく左右しますので、契約前に必ず交渉しておきましょう。

テナントが広すぎる場合

せっかく設備も整っているに、オフィス物件は美容室やエステサロンには広すぎる、なんてことも多々あります。その場合は、不動産の仲介業者に、希望のテナントの広さ分を借りれないか、交渉してもらいましょう。ビルのオーナー様によっては、分割して貸してくれる場合もあります。広すぎて諦めるのではなく、一度交渉してみましょう。

3.まとめ

せっかく格安のオフィス物件を見つけたにもかかわらず、条件が整わないからといって、諦めるのではなく、他に良い方法がないか専門家に相談してみましょう。

弊社では、店舗のデザインや設計や工事だけでなく、お客様に適した物件選びからお手伝いさせていただきます。どのような些細なことでも、お気軽にご相談下さい。長年のノウハウと経験からアドバイスさせていただきますので、お待ちしております。

trico