店舗デザイン

カーテンのメリットとデメリット!窓まわりの可愛くて素敵なインテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
窓まわりの可愛くて素敵なインテリア、カーテンのメリットとデメリット

以前の記事でブラインドのメリット・デメリットをお伝えしましたが、今回は窓廻りの必須アイテムである、カーテンのメリットとデメリットから、お勧めの設置場所まで、詳しくご紹介します。これから新居を建てられる方や、マンションの購入を考えてる方や、引っ越しをお考えの方は是非参考にして下さい。

目 次
  1. カーテンのメリット
  2. カーテンのデメリット
  3. お勧めの設置場所
  4. まとめ

1. カーテンのメリット

何といってもカーテンの最大のメリットは、入手しやすく多種多様な点ではないでしょうか。カーテンは、どこにてもある量販店やインテリアショップでも手頃な値段で売っており、取り替えも簡単です。そして、様々な色味やデザインの商品があり、ブラインドやロールスクリーンに比べ、自分だけのお気に入りの商品が見つけれるという点です。

また、近年では、多機能な生地を使ったカーテンも増えており、遮光・遮音・遮熱・防カビ・抗菌など、高機能な商品があることもメリットの1つになります。中でも、ウォッシャブル機能が付いたカーテンは、自宅の洗濯機で洗うことができ、いつでもカーテンを清潔に保つことが可能です。

最後はレースのカーテンのメリットについてです。リビングやダイニングなど、適度に室内に光を取り入れたい場所にはレースのカーテンが適しています。通気性も良く、圧迫感も感じることなく、適度にプライバシーも守ってくれるので最適です。

2. カーテンのデメリット

カーテンの最大のデメリットは、冬場の湿気に弱いことです。結露の多い窓に取り付けた場合、カビが発生しやすく、衛生的にもよくありません。結露が多い場所には、湿気に強い加工をした生地を選びましょう。

もう一つの大きなデメリットは、カーテンはブラインドの様に、室内に取り入れる自然光を調節することができません。開けるか閉めるという2つの選択になります。この場合はレースのカーテンや、通気性の良いカーテンを併用することで、多少光を調節することが可能です。

最後は、カーテンは設置場所によって、圧迫感を感じてしまうことです。カーテンはひだがある分、厚みがでてしまうため、小さな窓だと重たい雰囲気になってしまいます。そのような場合は、ひだがないフラットな仕様のカーテンを選びましょう。

3. お勧めの設置場所

日当たりや西日の強い部屋や、寝室・納戸などの日を遮りたい場所には、遮光カーテンがお勧めです。遮光カーテンにも等級があり、等級により遮光度合いが違います。場所によって遮光の度合いも変更しましょう。

次はリビングやダイニングなど、適度に自然光を取り入れたい場所には、レースのカーテンがお勧めです。レースのカーテンは、外部からの視線もシャットアウトでき、プライバシーを確保することも可能です。夜間は防犯上、完全に室内が見えない状態が好ましいので、レースのカーテンを取り付ける場所には、必ず他のカーテンと併用しましょう。

4. まとめ

以上カーテンのメリット・デメリットと、お勧めの設置場所をご紹介しました。カーテンは種類も機能も多く、手に入れやすく取り付けやすいことから、住宅ではもっとも身近な商品だといえます。適切な場所に適切な商品を使用することで、より一層快適な生活を送ることが可能です。今から新築される方や、マンションを購入される方や、リフォームされる方は是非参考にして下さい。

trico