店舗デザイン

間接照明のメリット・デメリットと種類!雰囲気のいい部屋にするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
間接照明のメリット・デメリットと種類

家やお店のデザインや雰囲気を創る上で、照明は非常に重要な役割を果たします。その中でも特に間接照明は、空間を演出する上で欠かせないアイテムとなります。間接照明とは、照明器具の光源を天井や壁にあて、直接的ではなく間接的な光で空間に光を灯す手法で、空間に落ち着いた雰囲気を演出する事が可能です。ただ、なんとなく間接照明という言葉を知ってはいるものの、間接照明の演出の仕方や、正しい設置方法を知らない方は多いと思います。今回は空間演出には欠かせないアイテムである、間接照明のメリット・デメリットから、設置の仕方まで詳しくご紹介します。

目 次
  1. 間接照明のメリット
  2. 間接照明のデメリット
  3. 間接照明の種類
  4. ・コープ照明
    ・コーニス照明
    ・バランス照明

  5. まとめ

1. 間接照明のメリット

間接照明のメリットはなんといっても、雰囲気の良いドラマティックな空間演出が可能なことです。普段日本人が慣れ浸しんでいる、煌々とした光輝く蛍光灯の光とは違い、海外ドラマや映画に出てくるインテリアのような素敵な雰囲気を作ることが可能です。

また、間接照明は光源を直接見ることはないので、不快な眩しさを感じることもなく、非常にリラックス効果があります。そして部屋全体を柔らかい光で均一に照らす事が可能なので、開放感が感じられる空間となります。

2. 間接照明のデメリット

間接照明は壁や天井を照らして間接的に部屋を明るくするので、照明器具の台数が通常より増えてしまいます。また、読書したり勉強したり、細かな作業をするには明るさが足りず、別に手元を照らす明かりが必要になります。

間接照明はスタンドライトやテーブルライトでも演出可能ですが、天井や壁に間接照明を設置する場合は、工事が必要でコストがかかることです。また、天井に設置する場合は、それなりの天井の高さがないと、せっかくの間接照明の効果が半減してしまいます。

3. 間接照明の種類

コープ照明

コープ照明とは、天井を間接的に照らす手法のことです。折り上げ天井によく設置されることが多く、天井全体に光が拡散され、温かくお洒落な演出が可能で、空間に立体感が強調できます。

コーニス照明

コーニス照明とは、壁を間接的に照らす手法のことです。天井と壁が接する角(入隅)に設置されることが多く、壁全体に光が拡散され、壁の質感やカーテンの素材を、際立たせて見せることが可能です。

バランス照明

バランス照明とは、壁の上下を間接的に照らす手法のことます。一般的には遮光板の付いた照明を壁面に取り付けます。遮光板の上下から、壁面に光が拡散され、影が出にくいのが特徴です。

4. まとめ

間接照明のメリット・デメリットと種類をご説明しましたが、いかがだったでしょうか。間接照明は、様々なシーンに合った演出効果が可能で、リビング・ダイニングなど生活拠点は勿論、寝室やトイレなどのプライベート空間でも効果を発揮きます。ただ、効果を最大限に発揮するためには、ある程度の知識や経験値も必要になります。まずは、手が出しやすい既成品の照明を活用し、間接照明で部屋の雰囲気作りをご自身でしてみましょう。今以上にお気に入りの空間が手に入るはずです。

trico