店舗デザイン

ダウンライトのメリットとデメリット!戸建・マンション・お店の照明器具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ダウンライトのメリットとデメリット!戸建・マンション・お店の照明器具

今回は店舗の照明でもよく利用される、ダウンライトについて詳しくご紹介していきます。ダウンライトは、最近は店舗だけでなく、マンションや戸建てなどの住宅でも設置されることは多くなりました。

ダウンライトは、他の照明器具に比べ、天井の見た目もスッキリすることから、近年人気のある照明器具です。ただ、素人では設置が難しく、電気工事が必要とされます。また、設置する台数や位置を決めるのも素人では難しく、なかなか手を出しにくい商品でもあります。

今回は、そんなダウンライトの選び方や、設置するのに好ましい場所や、コストについて詳しくご紹介致します。

目 次
  1. ダウンライトのメリット
  2. ダウンライトのデメリット
  3. ダウンライトの適した設置場所
  4. まとめ

1. ダウンライトのメリット

やはりダウンライトのメリットといえば、天井に埋め込む形状のため、空間をすっきりみせることができることです。シーリングやペンダントライトだど、照明の自体の主張が強く、すっきりシンプルに見せたい空間や、他のインテリアなどに主張を持たせたい場合は向きません。その点ダウンライトは、天井に凹凸がなく、照度を取ることのみに特化しているので、他のデザインの主張を邪魔することはありません。

シーリングやペンダントライトは、家具の位置によって配置を決めます。そのため、模様替えした際に、テーブルの真上にペンダントやシーリングライトが配置されないということが多々あります。その点、ダウンライトは天井に埋め込んでいるので、模様替えによって照明の位置やデザインが気になるといったことはありません。事前に家具の配置によって、ダウンライトの位置を決める場合もありますが、模様替えを想定して部屋全体で違和感のない配置にしておけば、問題になることもありません。

次は、メンテナンスの観点からです。ダウンライトはシーリングライトやスポットライトやペンダントライトのように、複雑な形状をしておらず、尚且、天井に埋め込まれていることもあり、ホコリが貯まることはありません。そのため、他の照明器具に比べ、日々のメンテナンスや掃除が非常に楽になります。

2. ダウンライトのデメリット

ダウンライトの一番のデメリットは、素人では器具の交換ができないことです。器具の交換自体は、それほど難しくはありませんが、火災や漏電のトラブルになる可能性があるため、電気工事士の有資格者が取付することになっております。そのため、交換にコストが高くなり、シーリングのように買ってきた商品を手軽に交換というわけにはいきません。

次のデメリットは、ダウンライトはレイアウトや配置が難しいという点です。シーリングやペンダントよりも、照度が確保できる面積が狭く、シーリング1灯に対してダウンライトだと、3から4灯必要になります。勿論、これは取り付けるダウンライトの種類にもよりますが、素人が器具を選定して、適した位置に配置するのは至難の業です。そのため、ダウンライトの位置は、設計者や照明プランナー等の経験が豊富な人がする必要があります。

最後のデメリットは、上で説明した2つと内容が重複しますが、他の照明に比べコストがかかるということです。このコストは、器具の値段もそうですが、他の照明器具と比べて設置台数が多くなります。その分、施工費も必然と高くなります。シーリングライト1灯で賄える広さを、ダウンライトだと4灯程設置する必要があり、総額で倍ぐらい高くなることが多いです。

3. ダウンライトの適した設置場所

まずは、ダウンライトを設置する場合の注意点をご説明します。ダウンライトを直視する状況はそれ程多くありませんが、ダウンライトの光源は、直接目に入ると非常に眩しく危険です。そのため、寝転がり天井が視覚に入ることが多い、寝室やリビングは避けたほうがいいでしょう。特にLEDのダウンライトの光源は非常に眩しく感感じます。どうしても寝室やリビングにダウンライトを設置したい場合は、調光できるタイプにすることをお勧めします。

逆に言うとそれ以外の場所はどこに設置しても特に問題ありません。特に廊下やトイレなど、狭い場所にダウンライトを取り付ければ、少しでも空間を広く見せることができます。

4. まとめ

今回は、ダウンライトのメリットと、デメリットと、適した設置場所をご紹介しました。照明器具といっても種類は多く、その中でもダウンライトはデザインを選ばず、非常に使いやすい商品です。その一方、レイアウトが難しく、設置にもコストがかかる照明器具でもあります。

デメリットを上手く解消することができれば、スッキリとしたお店のようなお洒落な住宅も、夢ではありません。これから戸建を新築される方や、リフォームされる方は、是非この記事を参考にし、ダウンライトを活用した素敵な空間にして下さい。

trico