高槻市

クロス・タイル・仕上工事|エステ|高槻・大阪|美容の内装・改装工事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
高槻エステロンの受付のクロス・タイル・仕上工事

以前からこちらでも何度かご紹介した、弊社が店舗デザイン・店舗設計・内装工事をしている、高槻のエステサロンの進捗状況です。前回の記事から更新が遅くなりましたが、無事にオープンすることができました。オーナー様やスタッフの方にも、お店の出来上がりを気に入って頂き、一安心しました。今回の記事では、工程の最終段階でもある、床と壁の仕上(クロス・壁紙・タイル・フロアタイル)の様子をご紹介したいと思います。

前の記事はコチラ

エントランス・受付

高槻エステロンのエントランスのクロス・タイル・仕上工事

こちらは入口を入ってすぐの、エントランス部分になります。まだ設置されておりませんが、受付カウンターがあり、お客様の待合スペースもあります。受付部分の左右には、カウンセリングルームを配置しております。

エントランス部分の仕上は、床はフロアタイル貼り、天井はクロス貼り、壁はクロスとタイル貼りになります。天井のヘリンボーン貼りのクロスと、正面の白いタイルがアクセントになっており、お店全体のデザインコンセプトは北欧風になっております。

北欧風といっても抽象的で様々ですが、僕が思い描いてたイメージは、デンマークで若夫婦がマンションを買ってリノベーションしたような、明るくて清潔感があり可愛らしいインテリアに囲まれ、お洒落ではあるもののスッと空間に馴染めるような、そんなデザインをしております。特に”スッと空間に馴染める”をいう点を意識しました。

カウンセリングルーム

高槻エステロンのカウンセリングのクロス・タイル・仕上工事

こちらがエントランス横に併設されている、カウンセリングスペースになります。カウンセリングルームもエントランス部分同様、 床はフロアタイル貼り、天井はクロス、壁はクロスとタイルになっております。受付で天井に使用した木目のアクセントクロスを壁面に使用しており、エントランスと統一性を持たせております。

また、空間を少しでも広く見せるため、天井の一部を折上げ天井にしております。エントランスにも使用している、ブラケットライトと折上天井から吊るされたペンダントライトがアクセントになっております。

通路

高槻エステロンの通路のクロス・タイル・仕上工事

こちらが各施術部屋へと繋がる、メインの通路になります。この通路は、薄いグレーのクロスで天井と壁を仕上げております。各部屋の扉の横には、まだ施工しておりませんが部屋名のサインがあり、それをブラケットライトで照らしております。ホテルの部屋へと繋がる、通路のようなイメージになっております。

施術部屋(ボディ・フェイシャル)

高槻エステロンのボディルームのクロス・タイル・仕上工事

高槻エステロンのフェイシャルルームのクロス・タイル・仕上工事

こちらがエステの施術を行う部屋になります。エントランスで使用した木目のアクセントクロスに加え、構造用の柱にはタイルを貼っております。薄いブルーと薄いグリーンの壁紙を使っており、北欧らしい淡いカラーリングでコーディネイトしております。窓にはホワイトウッドのブラインドを設置する予定です。

まとめ

簡単ではありますが、以上が店内の仕上げの説明になります。店舗設計・デザイン・内装工事をする者としては、お店の完成形が見えてくるこの仕上工事の段階が一番好きです。毎回、頭で思い描いてた内容が実際形となると感動します。それと同時に思い描いてた内容と違わないか現場に行くまで不安な時期でもあります。

今回も無事に終わり、そして無事にオープンでき、このプロジェクトに携われて幸せでした。まだ他にも進行中の物件がありますので、気を抜かないよう日々精進します。また造作家具や備品を配置した後の竣工写真をご紹介したいと思っております。

trico