大阪市

店舗デザイン・設計・内装工事 | 美容室・理容室 | 心斎橋・大阪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室の竣工写真

弊社が大阪市中央区心斎橋で、美容室の店舗デザイン・店舗設計から内装工事まで行った時の、まとめ記事になります。現地調査の様子から、プランニングの考えからや、内装工事の様子まで、詳しくご紹介いたいます。これから美容室や理容室を開業される方や、改装工事をお考えの方は是非参考にして下さい。

目 次
  1. 現地調査
  2. ・テナントの立地
    ・テナントのスペック

  3. プランニング
  4. ・ゾーニング
    ・平面

  5. 内装工事
  6. ・墨出し
    ・設備の仕込工事
    ・軽鉄・天井・間仕切工事
    ・建具の取付工事
    ・装飾・造作工事
    ・仕上工事

  7. 竣工・引き渡し

1. 現地調査

テナントの立地

大阪市中央区心斎橋の美容室の現地調査
今回のテナントの場所は、御堂筋線の心斎橋駅から徒歩5分の場所にあり、大阪の主要道路である御堂筋に面した商業ビルの9階になります。現状はスケルトン状態で、以前も美容室が入られてたそうです。物件の広さは約50坪で、ワンフロア貸しになります。ワンフロア貸しのメリットは、なんといってもその階のエレベーターが独占でき、ビルにもよりますが、共用部も含め広く使えるということではないでしょうか。特にこのビルは、エレベーターが2台設置されており、お客様が9階までの移動もスムーズに行えるというのが魅力的です。

テナントのスペック

大阪市中央区心斎橋の理容室の現地調査
まずテナントの天井高ですが、スケルトンの状態(スラブからスラブまで)で3300㎜となります。表しの状態で仕上げるのか、天井を造作して仕上げるのか、まだ未定ですが、天井仕上げとしても2700㎜ぐらいの天井高は確保できそうです。

次は重要なビルの設備面になります。以前美容室が入られてたということもあり、ガス・給水・排水は問題ありません。電気容量も現状の容量で足りそうです。前のテナントの残置物として、天カセエアコンが数台設置されていますが、型も古いので今回は入れ替えで対応する予定です。あと設備面で重要なのが、防災設備で、今回はスプリンクラーの設置が義務付けられております。そのため、スプリンクラーの移設、又は増設が必要になります。防災設備はB工事(費用はテナント負担で工事はビル側)で行われる事が多く、今回もB工事での対応になりました。

現地調査した結果、特に大きな問題も見当たらず、このテナントで美容室の開業が可能と判断できました。この現地調査を工事業者に依頼せずに、物件契約をされる方が多いですが、もし契約後にビルの設備の不備や不足で開業できないとなっても、敷金や保証金は戻ってきません。必ず、専門業者に物件を確認してもらい、希望のスペックでお店が開業可能か判断してもらいましょう。導入する機器によって設備容量は変わりますので、以前美容室が入っていたからといって、可能と判断するのではなく、必ず専門業者に判断してもらいましょう。

2. プランニング

ゾーニング

大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室のゾーニング
こちらが現地調査の内容を基に、ゾーニングをした図になります。美容室や理容室のゾーニングをする上で、一番最初に考えるのが水廻り設備の位置です。シャンプーやトイレや手洗いなどの水廻り設備は、ビルに設置されている排水管の近くに設置する事です。そうすることで、床上げの高さや、床上げ範囲を最小限に抑えることができ、コスト減にも繋がります。水廻りエリアが確定すると、それを囲うように、接客スペース(シャンプー台)、スッタフルーム(ミニキッチン)、トイレ等、他のエリアも決まってきます。

今回は、接客スペースが大きく2つに分かれています。それには理由があり、美容室の他、アイラッシュとネイルが併設するからです。特にアイラッシュは個室にする必要がありますので、オープンスペースであるカットエリアとは、隔離をする必要があります。ネイルスペースに関しては、個室ではなく、カットエリアの隣接に設置する形でも可能でしょう。

エレベーターを出たエリアには受付と待合エリアとしました。待合エリアを比較的広く取ったのは、待合スペースに、店販エリアを設けるためです。従来の美容室では、受付カウンターの後ろや横に、小規模な店販スペースを設けることが多いですが、今回は待合いスペースでゆっくり手にとって商品をご覧いだけるよう、物販型スタイルを考えています。

平面

大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室のプランニング・平面図
ゾーニングを基に、最終的に決定したプランニングになります。シャンプー台は5台で、セット面は14面になります。その内、1面のセット面は個室になっており、VIP会員専用のスペースとなっております。ネイルはカットエリアと隣接するよう2席配置し、目隠しとなる間仕切りを設けています。

また、アイラッシュは個室で3部屋確保し、お帰りの際に使用できるメイクブースも設置しました。オーナー様のご要望のスペックが確保でき、店販兼待合エリアも、小規模な雑貨店のようなイメージを再現できそうです。

水廻り設備による床上げ部分は、シャンプーエリアとスッタッフルームのエリアのみになります。床上げエリアを最小限に抑えることができ、スタッフやお客様の移動の面でも、工期とコストの面でも、メリットが大きいプランニングとなりました。あとはこのプランを基に、高さ関係の調整、そしてデザインの落とし込み作業に入ります。

3. 内装工事

墨出し

内装工事の図面や、資料作成も終わり、いよいよ着工となります。まずは平面図を基に、現場に墨を出していきます。墨出しとは、図面を実際の現場に反映していく作業のことです。簡単に言えば、現場に図面と同じ線を引く作業です。この作業が非常に重要になり、間仕切りは勿論、給排水や空調や電気など、設備面の位置を決定する基準となります。図面上と現場で、多少の誤差もありますので、その辺りの調節も非常に重要になります。

設備の仕込工事

大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室の設備工事
墨出しが終わると、次は設備の仕込み作業になります。水道関係だと、排水管の引き込みや給水管の引き込み、電気関係だと、照明やコンセントの配線から、その他設備機器で使用する電気の配線まで行います。また、天井裏に設置する、空調機器や換気や給気のダクトの引き込み作業も行います。

軽鉄・天井・間仕切工事

大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室の軽鉄・天井・間仕切工事
設備の仕込み工事が終わるといよいよ天井と間仕切りの工事に入ります。

まずは天井の工事からです。カットスペースの天井は表しの仕様で、その他のスペースは天井を設ける予定です。天井表しとは、天井がなく、様々な設備(空調・換気・照明等)が剥き出しで見えている状態のことです。ラフなイメージのカフェや、飲食店でよく見られる仕様です。表しの場合は、空調の冷媒管や換気のダクト、そして多くの電気の配線がそのまま見えてしまうので、配線や配管を見栄えよく纏めたり整理する事も重要な作業になります。

天井の造作が終わると、間仕切り工事に入ります。今回は美容室の単独店舗ではなく、アイラッシュやネイルも併設するので、間仕切り工事が通常より多くなります。今回は軽量鉄鋼(LGS)で間仕切りの下地を作成し、それに石膏ボードを張っていきます。壁の中に仕込む電気の配線なども、間仕切り工事と並行して進める必要があります。

建具の取付工事

大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室の建具の取付工事
間仕切り工事が終わると、建具の取付作業に入ります。今回の建具はパナソニック製の既成品を採用しました。個室が多い分、通常の美容室よりも建具の枚数が多くなります。アイラッシュの個室は扉ではなく、三方枠にカーテンを取付ける予定です。また、お施主様からの要望で、スタッフルームの出入口の扉は、両手が塞がった状態でも開閉できるようカスタムしました。

装飾・造作工事

建具工事と並行して、木製巾木や廻縁装飾枠の取付作業を行います。アイラッシュやネイルスペースはクロス仕上のため、木製巾木を使用しました。空調や排煙の関係で、上部が開口している壁のトップには、木製の廻縁を取付けました。また、アイラッシュの個室には装飾枠を取付け、輸入クロスを貼る予定にしています。

この期間に造作家具の取付け工事も行います。家具自体は工場で制作し、現場取付となります。造作家具は、受付カウンター、シャンプー台収納、トイレの洗面カウンターとなります。この中でもシャンプー台の吊戸棚と下部の収納棚は、ボリュームが大きく、その分コストもかかりました。

仕上工事

大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室の仕上工事
装飾枠や木製巾木の取付けが終わると、いよいよ仕上工事に入ります。今回の床の仕上は、塩ビタイル(フロアタイル)になります。カットスペースや床上げしているシャンプースペース、アイラッシュやネイルスペースで数種類の塩ビタイルを張り分けます。

次は壁面の仕上に入ります。カットスペースはEP塗装をメインに、一部にブリックタイルを張ります。このブリックタイルが、カットスペースのポイントになります。また、ネイルスペースやアイラッシュの個室は、1000番台のクロスをメインに、ポイントで輸入クロスを貼る予定です。特にアイラッシュスペースは、装飾枠が内装のポイントになり、ここに輸入クロスを貼ることで、アイキャッチとしています。メイクスペースのミラー部分や、トイレの一部にもアイラッシュとは違った輸入クロスを使用し、少し印象を変化させました。

仕上げ工事が無事に終わると、工事で汚れを綺麗さっぱり落とす美装工事となります。そして既成品や装飾品を設置し、竣工となります。

4. 竣工・引き渡し

大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室の竣工写真
今回はご依頼から竣工まで、5ヶ月要しました。プランニングや準備期間として3ヶ月、工事で2ヶ月弱となりました。十分な時間があった訳ではありませんが、お施主様に大変満足していただける仕上がりとなりました。特に美容室とネイルとアイラッシュが併設するということで、スタッフやお客様の動線や、各スペースのレイアウト構成には、非常に念入りな打ち合わせを何度も行いました。そのような結果が、満足していただける仕上がりに繋がったと思います。

また、内装工事費のコストダウンを図るため、セット面は全て既成品で対応することにしました。特に大規模な美容室では、セット面の台数は多くなり、それを造作家具で制作するとなると、内装工事を大きく圧迫してしまいます。結果的に今回は既成品で対応することになり、造作家具で制作するよりまも、150万円以上のコスト減となりました。これは全体の工事費の1割近くの減額となり、その分、他に費用を割り当てることも可能になります。もしデザイン的にも、機能的な部分でも、既成品で許容できるのであれば、大幅なコスト減にも繋がりますので、是非一度ご検討されることをお勧めします。

大阪市中央区心斎橋の美容室・理容室の引き渡し

以上心斎橋の美容室のまとめ記事になりました。今から美容室や理容室の新規出店や、開業で内装工事をご検討されている方、また、既存店の改装工事や、リニューアル工事をご検討されてる方は、是非この記事をご参考にして下さい。
tricoでは、美容室や理容室のデザインから設計、そして内装工事まで請け負っております。お気軽にご相談ご連絡お待ちしております。

trico