神戸市

現地調査・店舗設計・内装工事|イタリアン・レストラン|元町・神戸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
神戸元町のイタリアンレストランの改装工事

物件のスペック(立地・広さ・形状等)

神戸元町駅近くのイタリアンレストランから改装工事の相談が来たので調査に行ってきました。神戸大丸前の鯉川筋を少し入った、角地のビルになります。1階部分は喫茶店が入っており、その2階部分になります。食べログでも非常に評価が高く、ディナーもランチも、いつも混雑しています。お店の広さは25坪程で、席数は25席程になります。2年程前に居抜きでここに入っており、その時にあまり手を入れず、開業したこともあり、場所によっては汚れや劣化がみられます。

今のお店の内装は、白を基調に壁と天井が構成されており、カウンターや床に差し色として渋い赤色を使用しています。この赤も前の店舗から引き継いだ物であり、現在のお店のコンセプトと関連があるカラーではありません。内装は全体的にシンプルなデザインで、悪く言えばありがちなイタリアンレストランの内装となっています。今回はそんな、シンプルな内装を、大幅にリニューアルしたいという事でご依頼頂きました。

現状のカウンター席

神戸元町のイタリアンレストランのリニューアル工事

こちらが現状の店内の様子です。6人程座れる赤いカウンターがあり、そこからキッチンが見えるようになっております。このカウンターの床部分が上がっており、この段差が接客する時にとても不便なので、今回の改装で無くしたいと要望がありました。あとは、カウンターを利用しているお客様から、キッチンの内部が丸見えなので、もう少し目隠しとなるような細工が欲しいと要望がありました。

現状のテーブル席

神戸元町のイタリアンレストランの現地調査

こちらがテーブル席のスペースになります。店内を全体的に落ち着いた暗めの雰囲気にし、ディナーの利用客を増やしたいと希望されております。利用客の年齢層も現在は高いので、年齢層が低いお客様も増やしていきたいというご要望もありました。お店の白い部分を落ち着いた色合いにし、木目を基調としたデザインに変更する予定です。

現状の天井

神戸元町のイタリアンレストランの改修工事

天井は表しの状態で、現在は塗装されています。照明はショップレール(配線ダクト)にスポットライトが取付られており、意匠的にペンダントライトが取付られています。現在は全体的に明るいので、ディナーの雰囲気には向かず、もう少し落ち着いたBARのような雰囲気にしたいと希望されています。

現地調査しながら詳しくご要望を聞きこともでき、改善的も明確になっているので、あとはこれを形にするだけです。工事自体は来年とまだ先にはなりますが、オーナー様としっかり内装デザインについて話し合い、利用しているお客様にリニューアルして良かったと思ってもらえる内容にしたいと思います。またこちらで進行状況を報告したいと思っております。

trico